【東京・湯島】オイスターと生パスタ BISTRO KOUZO ビストロコウゾウ

s_0028

結論、予想以上に旨かった

教室終わりに生徒にオイスターバーに行こうと誘われたので

近所(湯島)の「BISTRO KOUZO ビストロコウゾウ」に行ってきました。

毎月限定 2時間1000円 ワインバイキングがあるぞ!

20140618_214126

日程は限定されますが複数日開催されているようです(月火中心)。

生パスタ、オイスター以外にステーキもオススメしている

20140618_214524

メニューのポストイットを拡大すると値段が書いてあります。

20140618_214524

すべて値段が違うようです。

Tボーン 700円/100g、ランプ 600円/100g 程度のようですね。

私は肉関連は自前調達派なので、こういう場所で食事をしたことがないのですが

一度、試してみたいですねー。

適当に頼んでみたけど、旨い

20140618_215113

定番のカプレーゼ

イタリア南部カンパニア地方のサラダ。直訳すると「カプリ島のサラダ」という意味。

20140618_215357

米なすグラタン 780円

これは揚げておいた米ナスにソースをあわせてオーブンで再加熱しただけかな。

いよいよオイスター(牡蠣)登場

牡蠣はメニューから選ぶのですが、夜遅かったのでほとんどが売り切れ・・・(泣)

20140618_214518

ちょっとその前に、「牡蠣」についてお勉強。

マガキ(真牡蠣)

冬が旬。最も一般的な種で、日本でカキといえば真牡蠣。大型で夏でも生殖巣が発達しない「3倍体牡蠣」も開発され、冬以外も市場に出ている。広島県、宮城県、岡山県産が有名。韓国からの輸入品も相当量ある。

イワガキ(岩牡蠣)

夏が旬。「夏ガキ」とも言われる。殻の色が茶色っぽく、マガキに比べて大きいものが流通する。天然物と養殖物の両方がある。

シェア

広島 約50%、宮城 約20%・・・と続く。輸入の90%は韓国産。

ノロウイルス属(ノーウォークウイルス種)感染症

ノロウイルス感染力は85℃以上で1分間以上加熱されることにより破壊されると考えられ、中心部まで十分に加熱することが重要とされる。

感染から発病までの潜伏期間は12時間~72時間(平均1~2日)で、症状が収まった後も便からのウイルスの排出は1~3週間程度続き、7週間を越える排出も報告されている。

「ノロウイルスというのは属名であって、そのようなウイルス種名は存在しない。ゆえに正しい呼称(種名であるノーウォークウイルス)を使用すべきである。」という配慮もある。

実食

2種類しかなかったので、それぞれ頼んでみました!

20140618_215307

20140618_215320

旨いですね・・・。

私には十分な美味しさでした。

でも、生牡蠣もいいんですが、私は一番のお気に入りはこれ。

20140618_215922

牡蠣のフリッター(真牡蠣) 牡蠣はカキフライが一番うまいと思っていたけど

このフリッターは旨かった・・・。自分で作れるのかな・・・。

サングリアは赤・白あるよ

20140618_214813

自家製のようです。

これは、旨いので飲み過ぎ注意です!(クーポンがあるので1杯は無料で可能ですよ)

会計は3人で6000円

料理のラストオーダーがきたので、生パスタを頼むことができず残念でしたが

今度、ランチタイムでチャレンジして見ようと思います。

20140618_214437

ドリンクもそんなに高くないのでバーのように使ってもいいお店です。

ただ、料理のラストオーダーが22時なのでご注意を。

20140618_214645

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!

ページ上部へ戻る