国会の吉野家 限定「牛重」は買い?「牛丼」と食べ比べ その2

いよいよ牛重に箸をつける時が来ました!!! (その1はこちら

DSC_0024

ぜんぜん違う(笑)

まず、肉から漂う香りも違うけど、肉質も脂が全然違う!

最近、脂肪注入した加工肉を「和牛」と偽装している事件が起こっているけど

これが和牛じゃないなら、むしろ加工技術に騙されても仕方ないと思う。

濃いめの甘辛味で、ご飯に対して肉の量が少ないということはありません。

和牛は相当縮むので、元は100g弱(80-90g?)使っているのかな?

女性はこれだけで十分おなか一杯になります(並盛りで足りる男性なら十分)。

私は牛重と並盛り牛丼の計2杯を食べたので当然、おなかいっぱいです(笑)

ただし、牛重は、和牛なので後で胃袋に来ますよ(40歳以上の方は注意!)。
DSC_0030

たまたま私が座った席が、調理場の目の前だったので調理風景も撮影してきましたよ。
DSC_0033-e1384157963508

牛丼=煮込み
牛重=焼き
と調理方法が違います。
今回も牛丼はすぐに出たのに
牛重が出ないのは、
調理方法の違いです。
1回1回手作りなのですよ。

 

 

 

 

たまたま映っていた肉のアップを(笑)

スライスされた肉が1枚1枚ビニールに包まれて入っていました。

 

image117

牛重1200円は、その場で手作りで、肉質もよかったし

おしんこ、味噌汁も付くことを考えると、高くはないと思うのです。

今半や柿安でも和牛を使ったお弁当は1000円以上しますからね。

味が濃いのでリピーターにはならないという意見は出ると思いますが

この手のものは、そんなにリピートするものでもないですからね。

あと偶然なのかもしれませんが、並盛の肉の量が多い気がする(笑)

白いご飯が見えないし、盛りに厚みがあったんですよね(笑)

【余談】

和牛で作る吉野家の牛丼を食べたい人は

クックパッドの吉野家レシピに和牛を使って作ってください。

ものすごく似たものができますよ!
(見切り品で十分です。切り落としを使うと、そぼろになる可能性はあるので注意ね!)

和牛って高いイメージですけど、普通にスーパーで売ってるので

1000円/100gほど出せは十分おいしい和牛が食べられます。
(見切りになることも多いです(笑)鮮度にこだわらない牛丼などにはおすすめ!)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!

ページ上部へ戻る