欧風カレー 神保町ボンディ 梅干しの謎が判明!

神保町 ボンディ 欧風カレー

欧風カレーの有名店「ボンディ」

有名店すぎるので細かい説明は不要かと思いますが、人生で一度はこのタイプの欧風カレーを食べておくことをおすすめします。
ソコソコのインドカレーは全国どこでも食べることができるほど店舗が増えていますが、本格的な欧風カレーはそこまで多くないので、ボンディである必要はないのですが、ぜひ、一度、ご賞味ください。

お店は書店の2階 行列は当前、でも、回転はやい

神保町 ボンディ 欧風カレー

店内はこんな風に落ち着いた感じですが、書店の2階になるので場所がややわかりにくいかもしれません。
客層は若い方から年配の方まで欧風カレー好きの老若男女たちで溢れています。

値段は1480円~と高い

神保町 ボンディ 欧風カレー

ボンディの難点は、この値段!1500円は知らないで入ると庶民はビビります。
食べたら納得するので、問題ないんですけどね。
今回は、ビーフカレーとポークカレーを頼みました。
ボンディは+150円でルーとライス(350→450g)を大盛りにできるので、ポークカレーは大盛りにしました。

1人に2個付く「じゃがバター」が嬉しい

神保町 ボンディ 欧風カレー

これでお腹いっぱいになる人がいてもおかしくないですが、ホクホクのじゃがバターが一人に2個付いてきます。
本当においしいのでカレーの胃袋は絶対に確保しててください!注意です!

これこそ王道の欧風カレー

神保町 ボンディ 欧風カレー

来ました。ビーフカレー(普通盛り)。

神保町 ボンディ 欧風カレー

ポークカレー(大盛り)大盛りは丸皿で出てきます。
角煮サイズの豚肉がゴロゴロと入っています。
ビーフカレーも大盛りにしておけば、肉の盛りが比較できたので、両方大盛りにしなかったのは残念です。

ボンディのライスはチーズトッピング済み

神保町 ボンディ 欧風カレー これも面白いのですが、ライスにチーズがすでにトッピングされた状態で出てきます。
漬物も付いているのですが、なぜかカリカリ梅が…
神保町 ボンディ 欧風カレー

一般的な欧風カレーに使うトッピングは、このように机にセルフで乗っていますので、なぜ、梅干しなのかなという疑問がわきました。
うど「なんでカリカリ梅がのっているんですか?」
店員「え?ちょ、ちょっと聞いてきます。(中断)
特に意味はないそうです。」
あの梅干しは、特に意味がなくトッピングとして乗っているようです。
書道作品の落款印で赤で入ると締まりますが、同じようなボンディのカレーに、赤が少しあるだけで締まるのかもしれません。

神保町 ボンディ 欧風カレーぜひ、王道の欧風カレー「ボンディ」を堪能してください。

神保町 ボンディ 欧風カレー店名 ボンディ 神保町本店

電話 03-3234-2080

営業 11:00~22:30(LO.22:00)

場所 東京都千代田区神田神保町2-3 神田古書センター 2F

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


東京の和様の書道教室 うどよし書道教室

ピックアップ記事

2015.12.7

汚い!旨い!湯島のせんべろ!ゴールデン街?50円焼き鳥店「あん」

※3/6 テレビ朝日「10万円でできるかな(水曜0時15分 - 0時45分)」でこの記事が使われる予定です。 湯島の裏通りで気にな…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!

ページ上部へ戻る