香港麺 新記 虎ノ門店は餃子を喰う店

213

「新記は餃子を喰う店」と誘われて

今回の「香港麺 新記」は、以前から、ちょっと気になっていた香港中華店でした。

店内は男性でいっぱいかと思いきや、若い女性だけのグループもいます。

こういう店にどんどん女性が進出してきてるんですね。

最近お会いした人が「香港は中国と違う!一緒にしないで。」と言っていたのを思い出します。

店内はいい感じの密着度

200

店内は広いわけではありません。

湯島・本郷エリアは、超穴場の中華エリアですが、そこと比べると店内は狭いですが

決して不快な狭さではないです。

199

242

おすすめメニューはこんな感じです。

湯島・本郷エリアに比べるとやや高めの設定ですが、バリエーションはすごい。

でも、「餃子を喰う店」として来たので餃子は食べなければなりません。

まずは前菜のようなツマミのようなものから

茹でキャベツのオイスターソース和え ピータン豆腐 

219 中華つまみ5種盛り

もやし炒め ブロッコリー炒め

餃子の店といいながら、普通に美味しいんですけど!

「ブロッコリー炒め」は人気みたいで、多くの人が頼んでいました。

意外なのが「茹でキャベツのオイスターソースがけ」。

これは、家庭でもやってみるといいかも!

オイスターソースに干しエビの粗挽き?砕いたような物が入っているのはポイント高い!

やっぱり餃子!餃子!点心!

肉餃子 シュウマイ 海老餃子  小籠包 春巻き    海老餃子

いやーーーー。おいしいです。

「餃子は皮を食べて、焼売は肉を食べる」

という言葉を信じているので、その名の通りの店です。

焼き餃子は、肉餃子と海老餃子の2種類ありますが、どちらも完成した味。

かた焼きそばと全く違う謎麺

265

ここまで、香港と言う特徴がなかったのですが、

シメとして頼んだ焼きそばの麺が初体験でした。

かた焼きそばのように見えますが、かた焼きそばではありません。

幼麺(ヨウメン・ヨウミョン)と言うらしいですが、かん水と卵を使った細麺です。

博多ラーメンで焼きそばを作ったらこんな感じになるのでしょうかね?

もやしとニラというシンプルな具材と幼麺をオイスターソースで炒めたものです。

この食感がとっても美味しかったので、実際に作ってみたいと思いました。

香港の有名なラーメン店では、複数種類の麺があって、どの麺にするか選ぶそうです。

日本にはないパターンなので面白いですね。

紹興酒などもいただいて、一人4000円程度でした。

会計の金額を見ると、湯島・本郷エリアの中華は超絶コスパがいいんだなと思います。

 

198

店名 香港麺 新記 虎ノ門店

電話 03-5251-6200

営業 11:30~15:00/17:30~23:30(LO.23:00) 

   土曜日・日曜日・祝日

場所 東京都港区虎ノ門1-5-4

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!

ページ上部へ戻る