【レシピ】豊作記念!ジャガイモの1/6!糖質ダイエットにも「大根カレー」

image20

2015年 大根が大豊作で相場が半値へ

2015年は大根が大豊作のようです。

豊作貧乏という言葉があるように作物は収穫作業があるので

「収穫コスト>単価」になると作物を廃棄する事になります。

 店頭に並ぶ標準的な大きさのLサイズ(1ケース10キロ、10本入り)が、10月初旬では1200円と例年並みだった。ところが11月に入り、Lで最も品質的に優れたものでも600円、サイズによっては採算割れとなる異例の値崩れとなった。

少雨だった10月から一転、雨が続いた11月に生育が早まり、農家も急いで収穫したが、肥大する早さに作業が追いつかない状況になった。

廃棄処分を決めた農家男性は「大きすぎて箱に収まらない。価格が経費分にも届かないので出荷はやめた」とあきらめ顔。カット野菜などを扱う頼みの加工業者もさばききれずお手上げ状態に。

(2015/12/7 神戸新聞)

大根は主張の少ないソースに染まる食材

大根と言えば、おでんの具が定番ですよね。

出汁の染みた大根のおでんはおかずにも、酒のアテにも最高です。

そうなんです、大根は出汁を吸って出汁色に染まってくれる都合のいい食材なんですね!

糖質が「大根」は「ジャガイモ」の1/6

子供が好きなおかずといえば「カレー」。

カレーには欠かせない食材といえば「ジャガイモ」ですよね(無理やりの誘導!)。

でも、糖質ダイエットをしている人には、「ジャガイモ」は言わずと知れた糖質の塊。

(糖をアルコール発酵させて作るのがお酒。お酒の原料は全部、糖質が多いよ!)

【糖質の比較 100g当たり】

ジャガイモ 16.3g

大根     2.7g

糖質が大根はジャガイモの1/6

つまり、大根はジャガイモの1/6しかないのです。

逆に言えば、6倍食べても同じってことです!

ジャガイモの代わりに大根を使えばいいじゃん!

糖質ダイエット中の場合、ご飯と一緒に食べないといけないカレーは糖質だらけのメニュー。

でも、ご飯は削れないよね…そうなるとジャガイモを大根に変えてみたらどうでしょう?

ってことで「大根カレー」を作ってみました。

レシピ ジャガイモを大根に変えるだけ!

特にレシピに変更はありません。

普段作っているカレーのジャガイモを大根に変えてしまえばいいんです。

15-12-16-10-46-41-931_photo

ジャガイモをカットします。

ジャガイモに比べて、大根を剥くのは10倍ほど早いので、かなりの時短調理ができます。

15-12-16-10-50-54-955_photo

予め肉は炒めて、そこに野菜たちを入れて煮込みます。

カレーにはフッ素加工の圧力鍋が最高!

15-12-16-11-16-19-706_photo

カレーにオススメなのが圧力鍋。

「そんなの常識でしょ。」

そうですか?

この圧力鍋フッ素加工なんですけど!

ええ、フッ素加工の鍋がどんだけすぐれものかというと、

・カレーのような温め直しをする料理の場合、焦げ付きにくいので安心。

・焦げ付かないので、洗い物が超絶楽です!

ルミナス内面フッ素両手圧力鍋4.5L LPFR4.5

ドウシシャ(DOSHISHA)  ルミナス内面フッ素両手圧力鍋4.5L LPFR4.5(アマゾン)

私は鍋の8個中5つが圧力鍋で、将来、圧力鍋以外をほとんど買うことはないと思うほど

普段の料理も圧力鍋を使います。

どんな圧力鍋にも、ガラスのフタがついてくるので鍋として使えるんです。

(私はガラスのフタをどんどん捨てますが…)

ちなみに、圧力鍋でごはんを炊くので炊飯ジャーも私は持っていません。

たった15分でご飯が炊けるんですよ。場所を常に占領するジャーは邪魔なんです。

「圧力鍋が危ない!」と思っている人もいますが、今時、そんなのありません。

PL法(製造物責任法)というのがあるので、変なものを作って怪我でもしたら

賠償責任を負わされちゃうんですよ…。

ピンが上がったまま(加圧状態)、無理やり開ける人は、料理以前の問題です。

(ピンが上がった状態では、フタは開かないようになっています。)

圧力をかけて15分…ルーを入れて完成

15-12-16-12-14-00-541_photo

テレビショッピングでは調理1分とか言っていますが、カットした食材の大きさ次第です。

今回は、和牛の本当のすじ肉を入れたので多めの15分圧力調理をしました。

15-12-16-12-16-21-908_photo

加圧終了の合図、ピンが落ちたらルーを入れてかき混ぜて、再加熱(これも大事)します。

15-12-16-12-21-48-558_photo

ルーが解けて、一度沸騰したら完成です。

15-12-16-12-41-32-495_photo

なんだか貧素な盛り付けになっていしまいました・・・が、

ジャガイモを使わなかったので、糖質はご飯以外、かなり押さえられています。

(ちなみに、人参、キノコ、ブロッコリーも低糖質です。)

大根カレーは2日目が本当に旨い!

「カレーは2日目が旨い」と言いますが、この大根カレーにこそふさわしい言葉です。

さきほど「出汁の染みた大根」の話をしましたが、大根カレーのすごいところは、

本当に2日目の方が美味しいのです。

初日は少し水っぽい大根に、2日目はカレー味が染み込んでいるのです。

言わなければ、不思議なジャガイモと思ってる人もいると思います(普通は気付く…)。

大根はジャガイモほどは煮崩れしないし、味は染みるし…カレーにふさわしい食材です。

「ジャガイモなし」でカレーの冷凍保存も楽!

知っている人も多いと思いますが「伊東家の食卓」という番組で紹介したため

「カレーの冷凍保存の場合にはジャガイモを除くのは常識」となりつつあるようです。

大根カレーなら好都合!

大根の長期保存は茹でて行うほうがいいのでよいですね!(やったことないけど(笑))

大根カレーは、時短調理だし、値段も安いし、ダイエットだし(食べ過ぎ注意)、保存も楽だし、

一石三鳥の料理です!

ぜひ、騙されたと思ってチャレンジしてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和様の書展出品者募集

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

PR

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!

PR


ページ上部へ戻る