「いきなりステーキ」(水道橋)”いきなり”ステーキは出てこない!

image

話題の立ち食いステーキの「いきなりステーキ」

TPPがとうとう締結されそうですね(私は保険、医療とモンサントとISD条項が心配です)。

ということで、TPPといえば関税自由化!関税自由化でUS産牛肉が安くなるということで

色んな所で話しに聞いていました立ち食いステーキ店「いきなりステーキ」に行ってきました。

私はネーミングから想像していたのは、

店に入ると居酒屋のお通しのように突然ステーキが出てくるスタイルです。

よく考えたらですね、私は、ステーキ専門店に行ったことがなく、もしかしたら初ステーキ専門店かも?

自炊派にとって、焼くだけのステーキを外食するのは最もハードルが高いんですよ。

私が勘違いしているので、他にも勘違いしている人はいると思います。

1g当たりで計算するシステム

image1

メニューを見るとわかりますが、1g当たりで値段が決まっています。

私はコスパと味を考えると国産牛サーロイン1g10円がいい気がします。

近所のスーパーの価格でいうと

リブロース 300円/100g

ヒレ 500円/100g

USアンガス牛サーロイン 400円/100g

国産サーロイン 600円/100g

※USと表記があるので、他はグラスの生産国と思うので、ニュージーかオーストなんでしょう。

いきなりステーキはシズル感がヤバい!

メニューを見てもわかるようにいきなりステーキは部位指定の量り売りです。

カットしてもらうためにカウンターに行かなければなりません。

全然、いきなりではありませんでした(笑)

【注文の流れ】

①ライスやサラダなど注文する(肉とは別料金)。

②メニューから部位とグラムを決める。

③席札を持ってカウンターで肉をカットしてもらう。

image5

③カット肉の重さを確認。皿に値段が付けられる。

image6

④焼き上がりを待つ。

image7

④来たら食べる。

image4

ようやく”いきなり”ステーキの実食!

image2

実は、肉をカットするカウンターに、特別メニュー「1g5円」のサイズ調整のためにカットした

端肉(笑)メニューがありましたので、いろいろな部位が食べられるので頼んでみました。

image3

最初に来ていたサラダと一緒に食べます!

image8

300gは余裕 わさび醤油がおすすめ

ステーキソースはありますが、最初はわさび醤油がいいと思います。

どんどん食べられます。

男性なら300gは余裕だと思いますよ。

私は、自炊なら500gとか食べちゃうので300gは満足ですが、もう少しほしい感じです。

外食派はコスパよし!自炊派は1度でいいかも

ステーキは焼き方も難しく、高いというイメージがあるんですね。

私は「ステーキ=手抜き料理」になるので、自炊でも原価率は高いですが、とにかく楽なんです。

なので、スーパーで300-600円で売っている肉(特売なら半額もある)を焼くだけのステーキは

かなり抵抗を感じてしまうので、今までステーキ店に言ったことがありませんでした。

熟成肉とかブームですが、おいしくない肉を熟成させてコストを掛けるなら

肥育の段階でコストをかけたおいしい国産肉を食べたいです。

といってもですね、US産は穀物で育てているので臭みはなく、赤身をガッツリ食べたい時には

値段も安いのでおすすめです(BSE?成長ホルモン?めったに食べないので考えないようにする!)。

TPP締結で安い牛肉がどんどん入ってきます

私はTPPは慎重な立場ですが安い外国牛肉が入ってくる以上、時と場合に合わせて

使い分けようと思っています。

実際、US産の肉は国産に比べるとかたいですが、赤身はおいしいです。

(いきなりステーキのUS産以外も臭みはなくおいしかったです。)

平日のランチタイムが300g1200円で食べられるみたいなので、是非、行ってみてください。

私は、このステーキの味を忘れないうちに、自炊していきなりステーキと勝負してみます!

 

image9 店名 いきなり!ステーキ 水道橋店

電話 03-6801-8429

営業 11:00~23:00

場所 東京都文京区本郷1-4-4 水道橋ビル

都営三田線水道橋駅A1出口:徒歩1分
JR水道橋駅東口:徒歩3分
水道橋駅から44m

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

PR

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!

PR


ページ上部へ戻る