上野アメ横に激安中華「餃子の帝王」”王将”と勝負!

image20

アメ横「餃子の帝王」280円、380円と激安!

数分先に「餃子の王将」上野店があるのに「餃子の帝王」という挑戦的な店名。

アメ横は詐欺店と良店が入り乱れる玉石混交な街です。

呼び込みしている店には、まあ、入ってはいけません(軽いボッタクリは覚悟しましょう)。

あと、どこかにも書きましたが、アメ横の露天で買い物をする地元の人はいません(笑)

地元民は吉池や赤札堂で買物をしていることで察してください。

そんなカオスな街ですが、良店もかなりあるから、当たれば幸せな気持ちになります。

今回の「餃子の帝王」は、2014年10月にオープンして気になっていたのですが

ちょうど向かいのトンカツ「山家」の前、手羽先の山ちゃんの並びということもあり、

店的にはわかりやすいです。

image21

値段設定はとってもわかりやすいです。

280円か380円しかありません。

「帝王の焼餃子」「水餃子」280円

image22

現在、餃子の王将 240円(税別 国産化のため値上げ)なので高いという感じはないですね。

ただ、餃子の王将の餃子とは方向性が違う餃子です。

こちらのほうが具材感もしっかりあり、皮も味わえる餃子という印象があります。

店長曰く「オープンして試行錯誤中です。以前は白菜で、今はキャベツにしています。

手作りなので、問題があれば言ってください、改良します!」とのこと(笑)

逆に、季節や商品の磨きで、徐々に味が変わるのもアリだと思います。

image23

image24水餃子はスープに浸ってやって来ました。

水餃子というよりスープ餃子ですね。

焼き餃子の皮と一緒かな?と思ったのですが

店長?曰く「ちょっと違います。」とのこと。

(それだけ、焼き餃子の皮はやや厚め)

スープも美味しいですよ。

他に、にんにくがまるごと1つ入った

爆弾にんにく餃子、揚餃子があります。

「チャーハン」「排骨麺」380円

image25

餃子の王将のチャーハンは450円なので、安いですが画像は+100円の大盛りなので

少し少なめだと思います。

男性は480円で大盛りでもいいかな。

味は問題ありません。王将がOKなら、問題ないでしょう。

image26

排骨麺が380円なんです(笑)これ、価値ありますよ(笑)(画像は+100円麺大盛り)

豚肉にもしっかり味が入っていて、店長曰く「ロースを自分で漬け込んでますよ!」とのこと。

肉は1センチほど厚みもあり、値段が値段なので業務用やむなし!と思ったので手作りは偉い。

麺は盛岡冷麺くらいの太さで、それを柔らかくしたような変わった食感の麺ですね。

普通の中華そばの麺じゃなかったです。

スープは他のラーメンも同じなのでトッピングが違うようです。

少し味が濃いので、私は酢を入れました(笑)そしたら、まろやかで美味しくなりましたよ!

ランチ(大盛り無料)は500円 安い(笑)

image27

またまた店長曰く「700円超えると厳しいです。この辺は。」

そうなんですよね、向かいのトンカツ山家さんが、700円でロースカツ定食を出していますから

比較されると中々、厳しいです。

でも、ライス大盛り無料で、この値段なら戦えますね。

結果、餃子の王将に対抗できそうかな?

餃子の王将は、最近、国産化したので少し値段が上がりました。

王将は、大体予想の範囲内の旨さで提供してくれる点で、安心感がありますね。

餃子の帝王は、オープンして半年程度で、手作りなら安定するまで少しかかるかもしれませんが

280円、380円しかないというわかりやすい激安中華なので評価の★は3にしていますが、

なにせ、中華メニューを頼んでないので、他のメニューなど今後、調査して判断したいかな?

他店舗は長野県の高田と行徳にあります(行徳は「ステーキの帝王」と並び(笑))。

そこは298円均一という情報がネットに転がっています。

あと、ベトナムのホーチミン市にも同じロゴの店があるとか・・・よくわからん。

追記 なんと既に閉店しておりました(笑)ラーメン屋が入っています…いつまで続くやら。

 

2015-03-15-17-44-08_photo 店名 餃子の帝王

電話 03-6806-0080

営業 11:30~24:00(無休)

場所 東京都台東区上野4-4-7 カネ上ビル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!

ページ上部へ戻る