サントリーウイスキー「角」で梅酒を漬けて4ヶ月経った結果

2014年6月にサントリーウイスキー「角」で梅酒作りを行って4ヶ月が経過しつつあります。

途中経過はどうなったかというと…

023

こんな感じです。

image

梅がかなり萎んで、色が濃くなっている気がします。

おそらく、もう呑んでもいい頃だとは思うのですが、

邪魔が入らなければ、もう少し様子を見て年末にでも飲もうかなと思っています。

ところで、梅酒ってアルコール度数20度以下で製造すると、家族以外で飲むと違法らしいです。

酒税法の規定では、消費者が自ら消費するために、政令に定められた条件で酒類と他の物品を混ぜる場合には適用されない(酒税法第四十三条11項)という例外規定があり、梅酒の場合、すでに酒税が納められたアルコール分20度以上の酒類に、糖類、梅その他の財務省令で定められたもの(酒税法施行規則第十三条3項)を混ぜ、新たにアルコール分1度以上の発酵がない(酒税法施行令第五十条14項)場合には製造とみなされず、免許が必要とはならない。逆に、免許を持たない者が日本酒、みりん、ワインなどのアルコール度数が20度未満の酒で梅酒を作れば違法となり、家庭の範囲を越えて提供、消費しても違法となる。(Wikiより)

ウィスキーで作っているので私の場合大丈夫ですが

日本酒の原酒で製造する場合には、20度以上のものを購入して作らないといけませんね!

(日本酒の原酒は普通20度以下だと思う。)

では、私の梅酒の成長に乞うご期待!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!

ページ上部へ戻る